2018年5月5日
端午の節句
暮らし
  • 端午の節句、高井戸、杉並、老人ホーム、ブランニュー、菖蒲、室礼

5月5日 端午の節句。

今年は、職員のお子様が小さい頃に飾られてた兜を入口正面に飾らせて頂きました。

“ 凛 ” とした出で立ちで、ご入居者様の目を楽しませて頂くだけではなく、ご面会の方をお迎えしております。

お雛様の室礼では、

「ん~~僕は興味ないなぁ~。」とかおっしゃられてた方が、

「やっぱり、こ~言う日本の飾りは良いよね~。」と。

そんな言葉を聴くと思わず「ニヤッ(嬉)」としてしまいます。

 

兜の横には菖蒲を一輪と小さな可愛いお花を生けさせて頂きました。

最初は、菖蒲だけを生けてたのですが、

今日、ご友人とお出かけになったご入居者様が綺麗なお花を摘んでこられ、

せっかくだからと菖蒲と一緒に生けてくださいました。

菖蒲一輪も兜に負けじと勇ましいものですが、

華やかな花に囲まれ スッ!と咲く一輪もまた違う表情で良いものです。

 

幼い頃から5月5日は菖蒲湯として菖蒲の葉をお風呂に浮かべ、頭に葉を巻き「頭が良くなります様に!」と両親に呪文の様に唱えられながら過ごした記憶がありますが、「病気にならない様に」との思いも込められているそうです。

ご入居者様、職員・・・みな健康でありますように!

そして、やっぱり今日は柏餅を食べないと!・・・ですね(笑)

 

 

 

 

資料請求・見学予約
お問い合わせはコチラをクリック